Boot Campアシスタントを使ってMacにWindowsをインストールする

Macに付属のユーティリティーであるBoot Campアシスタントは、Macの起動ドライブに新しいパーティションを追加し、実際のWindows環境(エミュレートや仮想化ではない)でWindowsをインストールして実行することができます。

また、Boot Campアシスタントでは、カメラ、オーディオ、ネットワーク、キーボード、マウス、トラックパッド、ビデオなど、アップルのハードウェアを使用するために必要なWindowsドライバを提供しています。これらのドライバがないと、Windowsは機能しますが、ビデオの解像度を変更したり、オーディオを聴いたり、ネットワークに接続したりすることはできません。キーボードやマウス、トラックパッドは動作しますが、簡単な機能しかありません。

Boot Camp Assistantが提供するApple製ドライバを使えば、WindowsとMacのハードウェアが、Windowsを実行するための最良の組み合わせの一つであることがわかるかもしれません。

この情報は、Windows 10をインストールするために必要なBoot Camp Assistant 6に適用されます。macOS Big Sur (11)からmacOS Sierra (10.12)に含まれています。正確なテキストやメニュー名は異なるかもしれませんが、Windows 8および7用のBoot Camp Assistant 5および4は類似しているため、これらの以前のバージョンでもこのガイドを使用できます。

ブートキャンプアシスタントの機能

Boot Camp Assistantは、仮想化環境を次のように拡張します。

データを失うことなく、Macの内蔵ドライブを分割することができます。
WindowsがMacのハードウェアを認識して使用するために必要なドライバを提供します。
Windowsのコントロールパネルで、Macの起動環境を選択できます。(Macには、起動環境を選択するための環境設定パネルがあります。)
Windowsのパーティションを削除して、Macで使用できるようにする。

必要なもの

続行するには、次のことが必要です。

Boot Camp Assistant 6.x.またはそれ以降。

macOS Sierra以降に対応しています。

ハードドライブまたはSSDに50GB以上の空き容量があること。

キーボードとマウス、または内蔵キーボードとトラックパッド。

Windows 10、Windows 8、またはWindows 7のフルインストールディスクまたはISO

MS-DOS(FAT)形式のフラッシュドライブ

インテル® プロセッサー搭載のMac

過去のBoot Camp Assistantのバージョン

お使いのMacにBoot Camp Assistantの旧バージョンや10.5より前のOS Xが搭載されている場合は、これらの旧バージョンのBoot Camp Assistantを使用するための詳細なガイドをご覧ください。

対応するWindowsのバージョン

Boot Camp Assistantは、Windowsのインストールを完了するために必要なWindowsドライバをダウンロードして作成するため、どのバージョンのBoot Camp AssistantがどのバージョンのWindowsに対応しているかを知っておく必要があります。

Boot Camp Assistant 6.x: 64 ビット Windows 10

Boot Camp Assistant 5.x: 64ビットWindows 8および7

ブートキャンプアシスタント 4.x Windows 7

お使いのMacは単一のバージョンのBoot Camp Assistantを使用しているため、お使いのMacに搭載されているBoot Camp Assistantのバージョンで直接サポートされていない他のバージョンのWindowsをインストールすることは困難です。

代替のWindowsバージョンをインストールするには、手動でWindowsサポートドライバーをダウンロードして作成する必要があります。使用するWindowsのバージョンに応じて、以下のリンクをご利用ください。

Boot Camp Support Software 4 (Windows 7)
Boot Camp Support Software 5(64ビット版のWindows 7およびWindows 8に対応

Boot Camp Support Software 6は現在のバージョンで、Boot Camp Assistantアプリからダウンロードできます。

始める前のバックアップ

MacにWindowsをインストールするプロセスの一部に、Macのドライブの再パーティション化があります。Boot Campアシスタントは、データを失うことなくドライブを分割するように設計されていますが、何か問題が発生する可能性は常にあります。

そこで、先に進む前に、Macのドライブをバックアップしましょう。バックアップアプリケーションはたくさんあります。バックアップが終わったら、Boot Camp Assistantで作業を始めましょう。

ここで使用するUSBメモリーは、MacのUSBポートに直接取り付けてください。ハブなどを介してUSBメモリーをMacに接続しないでください。Windowsのインストールに失敗することがあります。

ブートキャンプアシスタントの3つの仕事

Boot Camp Assistantでは、MacでWindowsを起動したり、MacからWindowsをアンインストールするための3つの基本的なタスクを実行できます。目的に応じて、3つのタスクすべてを使用する必要がない場合もあります。

Windows 10のインストールディスクを作成します。Boot Campアシスタントでは、USBフラッシュドライブや外付けUSBドライブを使って、Windows 10のISOイメージファイルからインストールディスクを作成することができます。WindowsのISOイメージファイルを取得する方法はいろいろありますが、一番簡単なのはマイクロソフトからイメージファイルをダウンロードする方法です。

Appleから最新のWindowsサポートソフトウェアをダウンロードします。このオプションでは、WindowsがMacのハードウェアと連携するための最新のWindows 10ドライバーとサポートソフトウェアをMacがダウンロードします。サポートソフトウェアは、Windows 10のインストールディスクとして使用しているUSBフラッシュドライブにコピーされます。

Windows 10のインストール:このオプションは、Macの起動ドライブにWindowsパーティションを作成するか、Windowsパーティションがある場合はそれを削除します。MacにWindowsパーティションがある場合は、このオプションの名前が「Windows 10を削除」に変わります。

20210624_

適切なパーティションが作成されると、Macは自動的にWindowsのインストールプロセスを開始します。

Windows パーティションを削除する場合、このオプションは Windows パーティションを削除し、新しく空いたスペースを既存の Mac パーティションと統合して、より大きなスペースを作成します。

タスクの選択

実行したいタスクの横にチェックマークを付けます。複数のタスクを選択することができ、タスクは適切な順序で実行されます。例えば、次のようなタスクを選択した場合。

Appleから最新のWindowsサポートソフトをダウンロードする。

Windows 10をインストールする。

お使いのMacは、まずWindowsサポートソフトウェアをダウンロードして保存し、必要なパーティションを作成してWindows 10のインストールプロセスを開始します。

通常は、すべてのタスクを選択して、Boot Camp Assistantにそれらを同時に実行させます。1つのタスクを同時に選択することもできます。最終的な結果に違いはありません。複数のタスクを選択した場合、Macは自動的に次のタスクに進みます。

Windowsインストーラーの作成

Boot Camp Assistant 6では、Windows 10のインストーラーディスクを作成します。このタスクを実行するには、Windows 10 の ISO イメージファイルが必要です。ISOファイルは、Macの内蔵ドライブまたは外付けドライブに保存できます。

1.起動用Windowsインストールディスクとして使用する予定のUSBフラッシュドライブがMacに接続されていることを確認します。必要に応じてBoot Camp Assistantを起動します。

2.タスクの選択」ウィンドウで、「Windows 10以降のインストールディスクを作成する」のボックスにチェックマークを付けます。(インストールディスクの作成のみを行う場合は、残りのタスクのチェックマークを外します)。準備ができたら、「続ける」をクリックします。

20210624_-1

3.ISOイメージ」フィールドの横にある「選択」ボタンをクリックし、Macに保存したWindows 10のISOイメージファイルを探し、「ISOイメージ」フィールドに表示させます。

20210624_-2

4.Destination Disk “セクションで、起動可能なWindowsインストーラーディスクとして使用するUSBフラッシュドライブを選択します。選択したコピー先ディスクが再フォーマットされ、選択したデバイス上のデータがすべて消去されます。準備ができたら[続行]ボタンをクリックします。

20210624_-3

5.データ損失の可能性について警告するドロップダウンシートが表示されます。続ける」ボタンをクリックします。

Boot Campは、Windows Installerドライブを作成します。このプロセスにはしばらく時間がかかります。完了すると、Boot Camp アシスタントは、保存先のドライブに変更を加えることができるように、管理者のパスワードを求めます。パスワードを入力し、「OK」をクリックします。

Windowsドライバの作成

MacでWindowsを動作させるには、最新版のApple Windowsサポートソフトウェアが必要です。Boot Camp Assistantでは、Macのハードウェアに対応したWindowsドライバをダウンロードして、すべての機能が最大限に発揮されるようにします。

1./Applications/UtilitiesにあるBoot Camp Assistantを起動し、イントロダクションテキストを読みます。

2.このプロセスではバッテリーに頼らず、MacをAC電源に接続してください(まだ接続されていない場合)。続ける」ボタンをクリックします。

3.Appleから最新のWindowsサポートソフトウェアをダウンロードするの横にチェックマークを付けます。 (サポートソフトウェアのみをダウンロードする場合は、残りの2つの項目からチェックマークを外してください。)[続行]をクリックします。

20210624_-4

4.Macに接続されている外付けドライブにWindowsサポートソフトウェアを保存することを選択します。

USBメモリーへの保存

1.USBメモリーをMS-DOS(FAT)形式でフォーマットします。USBメモリーをフォーマットすると、USBメモリー内のデータはすべて消去されますので、データを残しておきたい場合は、どこかにバックアップしておいてください。OS X El Capitan以降のフォーマット方法は、「ディスクユーティリティを使ってMacのドライブをフォーマットする(OS X El Capitan以降)」に記載されています。OS X Yosemite以前のバージョンをお使いの場合は、「ディスクユーティリティ」に手順が記載されています。ハードドライブをフォーマットする」で説明しています。いずれの場合も、フォーマットはMS-DOS(FAT)、スキームはMaster Boot Recordを選択します。

2.USBメモリーをフォーマットしたら、ディスクユーティリティーを終了し、Boot Campアシスタントを続行してください。

3.Boot Campアシスタントウィンドウで、フォーマットしたばかりのフラッシュドライブをデスティネーションディスクとして選択し、[続行]をクリックします。

4.Boot Camp Assistantは、Appleのサポートサイトから最新版のWindowsドライバをダウンロードするプロセスを開始します。ダウンロードが完了すると、ドライバーは選択したUSBフラッシュドライブに保存されます。

5.Boot Camp Assistantでは、保存先へのデータの書き込み中にヘルパーファイルを追加するために、管理者パスワードの入力を求められることがあります。パスワードを入力し、[ヘルパーの追加]ボタンをクリックします。

6.Windowsサポートソフトウェアが保存されると、Boot Camp Assistantは[終了]ボタンを表示します。 [終了]をクリックします。

USBメモリーには、Windowsドライバーとセットアップアプリケーションが入った「Windows Support」フォルダーが格納されています。Windowsをインストールする際には、このUSBメモリーを使用してください。Windows をすぐにインストールする場合は、USB フラッシュドライブを接続したままにしておくか、後で使用するためにドライブを取り出しておいてください。

CD/DVDへの保存

Boot Camp Assistant 4.xを使用している場合は、Windowsサポートソフトウェアを空のCDまたはDVDに保存することも選択できます。Boot Camp Assistantは、ブランクメディアに情報を焼き付けてくれます。

1.[コピーをCDまたはDVDに書き込む]を選択します。[続行]をクリックします。

2.Boot Camp Assistant 4では、Appleのサポートサイトから最新版のWindowsドライバをダウンロードする作業が始まります。ダウンロードが完了すると、Boot Camp Assistantは、光学ドライブにブランクメディアを挿入するように求めます。光学ドライブにブランクメディアを挿入して、「書き込み」をクリックします。

3.書き込みが完了すると、MacはCDまたはDVDを取り出します。

4.Boot Campでは、新しいヘルパーツールを追加する際に、管理者のパスワードを求められることがあります。パスワードを入力し、[ヘルパーの追加]をクリックします。

Windowsサポートソフトウェアをダウンロードして保存するプロセスが完了しました。[終了]ボタンをクリックします。

Windowsパーティションの作成

Boot Camp Assistantの主な機能の一つは、Windows専用のパーティションを追加してMacのドライブを分割することです。パーティション分割のプロセスでは、既存のMacパーティションからWindowsパーティションに割り当てる容量を選択することができます。一部のiMac、Mac mini、Mac Proのように、Macが複数のドライブを使用している場合は、パーティションを分割するドライブを選択するか、ドライブ全体をWindows専用にするかを選択できます。

1.Boot CampAssistantを起動します。[タスクの選択]ウィンドウが開きます。

2.ポータブルMacにWindowsをインストールする場合は、AC電源に接続してください。

3.[Windows10以降のインストール]の横にチェックマークを付けます。 [続行]をクリックします。

20210624_-5

4.お使いのMacに複数の内蔵ドライブがある場合は、使用可能なドライブのリストが表示されます。Windowsのインストールに使用するドライブを選択します。ドライブを2つのパーティションに分割して、2つ目のパーティションをWindowsのインストールに使用するか、ドライブ全体をWindows用に使用するかを選択できます。ドライブ全体をWindows用に使用することを選択した場合、現在ドライブに保存されているデータはすべて消去されますので、データを残したい場合は、必ず別のドライブにバックアップしてください。選択して「続ける」をクリックします。

5.選択したハードドライブは、1つのセクションがmacOSとして表示され、新しいセクションがWindowsとして表示されます。まだパーティションは作成されていません。まず、Windowsパーティションの大きさを決定します。提案された2つのパーティションの間には小さな点があり、これをマウスでクリックしてドラッグすることができます。Windows パーティションが希望のサイズになるまでドットをドラッグします。Windows パーティションに追加したスペースは、Mac パーティションで現在利用可能な空きスペースから取得されます。

20210624_-6

6.開いている他のアプリケーションを閉じ、必要に応じてアプリのデータを保存する。インストール」ボタンをクリックすると、Macは選択したドライブをパーティション化し、自動的に再起動します。

7.Windows 10 インストールディスクの入った USB フラッシュドライブを挿入し、「インストール」をクリックします。Boot Camp Assistantは、Windowsパーティションを作成し、「BOOTCAMP」という名前を付けます。その後、Macを再起動し、Windowsのインストールプロセスを開始します。

Windowsのインストール

Windows 10のインストーラーが引き継がれ、Windows 10のインストールが完了します。マイクロソフト社が提供する画面上の指示に従ってください。

Windows 10のインストールプロセスでは、Windows 10をどこにインストールするかが尋ねられます。お使いのMacのドライブがどのように分割されているかを示す画像が表示されます。3つ以上のパーティションが表示されます。BOOTCAMP」という名前のパーティションを選択します。パーティションの名前は、ディスク番号とパーティション番号で始まり、BOOTCAMPという言葉で終わります。例:”Disk 0 Partition 4: BOOTCAMP.”

1.BOOTCAMPの名前を含むパーティションを選択します。

20210624_-7

2.ドライブオプション(詳細)」リンクをクリックします。

3.フォーマット」リンクをクリックして、「OK」をクリックします。

4.次へ」をクリックします。

5.ここからは、通常のWindows 10のインストールプロセスに従ってください。

やがて、Windowsのインストールプロセスが完了し、MacがWindowsに再起動します。

Windowsサポートソフトのインストール

Windows 10のインストーラーが完了し、MacがWindows環境に再起動すると、Boot Camp Driverのインストーラーが自動的に起動します。自動で起動しない場合は、手動でインストーラーを起動することができます。

1.Boot Campドライバーインストーラーの入ったUSBフラッシュドライブがMacに接続されていることを確認します。これは通常、Windows 10のインストールに使用したUSBフラッシュドライブと同じですが、Boot Campアシスタントですべてのタスクを一度に実行するのではなく、独立してタスクを選択した場合、ドライバーインストーラーの入った別のフラッシュドライブを作成することができました。

2.Windows 10でUSBメモリーを開きます。

3.BootCampフォルダの中にsetup.exeファイルがあります。setup.exeファイルをダブルクリックすると、Boot Campのドライバーインストーラーが起動します。

4.画面の指示に従って操作してください。

5.Boot Campによるコンピュータへの変更を許可するかどうかを尋ねられます。はい」をクリックし、画面の指示に従ってWindows 10とBoot Campドライバーのインストールを完了します。

6.インストーラーがタスクを終了したら、[完了]ボタンをクリックします。

MacはWindows 10の環境に再起動します。

デフォルトOSの選択

Boot Campドライバーは、BootCampコントロールパネルをインストールします。 Windows10システムトレイに表示されているはずです。 表示されない場合は、システムトレイで上向きの三角形をクリックして、BootCampコントロールパネルなどの非表示のアイコンを表示します。

1.コントロールパネルの「スタートアップディスク」タブを選択します。

2.デフォルトに設定したいドライブ(OS)を選択します。

macOSにも同様の「起動ディスク」環境設定ペインがあり、これを使ってデフォルトのドライブ(OS)を設定することができます。

一時的に別のOSで起動する必要がある場合には、Macの起動時にOptionキーを押しながら、使用するドライブ(OS)を選択することで可能になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です