Windows 7からWindows 10へのアップグレード方法

Windows 7は、多くのPCユーザーのOSとして活躍してきましたが、マイクロソフトはこのバージョンのOSのサポートを終了しています。マイクロソフトは企業向けに2023年までの延長サポートを購入する機会を提供していますが、Windows 7からWindows 10へのアップグレードの方が安価で簡単です。

2020年1月をもって、マイクロソフト社はWindows 7のサポートを終了します。引き続きセキュリティアップデートやテクニカルサポートを受けるためには、以下の手順でWindows 10にアップグレードすることをお勧めします。

Windows 7からWindows 10へのアップグレード方法

お使いのパソコンが比較的新しいものであれば、ほとんど問題なくWindows 10にアップグレードすることができます。しかし、Windows 7が発売された頃に製造されたパソコンの場合、技術的な要件を満たしていない可能性があります。

マイクロソフトでは、お使いのコンピューターでWindows 10を動作させるために必要な最低システム要件を掲載しています。

要件を満たすことは、Windows 10があなたのシステム上で動作することを意味するだけで、必ずしも性能が良いとは限りません。

プロダクトキーを使って、Windows 7をWindows 10にアップデートする方法

Windows 7、8、8.1のプロダクトキーをお持ちの方は、無料でWindows 10にアップグレードできます。Windows Media Creation Toolをダウンロードしていただくだけで、すぐにご利用いただけます。

1.MicrosoftからWindows Media Creation Toolをダウンロードし、「実行」を選択します。その際、管理者としてサインインしている必要があります。

20210622_

2.[使用許諾契約書]ページから、[同意する]を選択します。

20210622_-1

3.[今すぐこのPCをアップグレードする]を選択してから、[次へ]を選択します。

20210622_-3

4.このツールは、Windows 10のセットアップを案内してくれます。

5.Windows 10は、Enterprise版を除くすべてのバージョンがダウンロードできます。お使いのシステムに合わせて、32ビット版または64ビット版のいずれかをお選びください。

6.インストールする前に、選択したソフトウェアと、残しておきたいファイルやプログラムを確認してください。アップグレード中に個人データとアプリケーションを転送するか、個人ファイルのみを転送するか、何もしないかを選択します。

7.起動しているアプリやファイルがあれば保存して閉じます。準備ができたら、「インストール」を選択します。

8.Windows 10がインストールされている間は、PCの電源を切らないでください。

9.Windows 10のインストールが完了したら、プロンプトが表示されますので、Windows 7、8、8.1のプロダクトキーを入力してください。

Windows 10を直接購入する

Windows 7、8、8.1のプロダクトキーをお持ちでない方は、マイクロソフト社から直接Windows 10を購入することができます。Windows 10のベーシックバージョンは139ドル、Windows 10 Proは199.99ドルから、Windows 10 Pro for Workstationsは309ドルです。ほとんどのPCユーザーは、自分のデバイスにWindows 10 BasicまたはProが必要なだけでしょう。

Microsoft Windows 10 Pro (32bit/64bit 日本語)ダウンロード版プロダクトキーを購入

Windows 10 Home OS ダウンロード版 プロダクトキーを購入

Windows 10 Pro for Workstations OSダウンロード版 プロダクトキーを購入

Windows 10 Enterprise OSダウンロード版 プロダクトキーを購入

Windows 7をWindows 10にアップグレードする他の方法

PC全体のアップグレードが必要な場合は、マイクロソフト社のすべての新しいPCにWindows 10が標準OSとして搭載されていることを知っておいてください。150ドルから500ドルの間で、Windows 10を搭載した新品のPCを追加費用なしで手に入れることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です