VMware Workstation Pro 16とFusion 12新しい機能

VMwareは別の新しいワークステーションの製品ラインをリリースしました。その中にVMware Workstation 16とFusion 12の発表したのバージョンが含めています。新しいバージョンに沢山重要な技術と機能が含まれています。VMware Workstation Pro 16とFusion 12の新しい機能を深く理解して、どのようなお客様がこの最新と一番素敵なワークステーションのバージョンまでにアップグレードしたいかを確認しましょう。

VMware Fusion 12 Pro パーソナル デスクトップの仮想化

VMware Workstation 16 Pro パーソナル デスクトップの仮想化

VMware Workstation Pro 16とFusion 12新しい機能

新しい技術を使用始まる前に、どのように新しいより良い価格を決めるでしょうか。VMwareはVMware Workstation 16とFusion 12に対して、新しいよりやすい価格を確認しました。現在、アップグレードした価格は10,764 円,新しい許可証の価格は24,035 円です。

新しい機能を得るのは素敵だけではなく、一番低い価格で新しいバージョンのWorkstation ProとFusionにアップグレードできます。
20210130_-8

 

 

容器とKubernetesの特性

VMware Workstationの前回のテクニカルプレビューには、新しいCLIツールであるvctlが含まれていました。 これにより、ユーザーはOCIコンテナーイメージをプッシュ、プル、ビルド、実行できます。また、Kubernetesクラスターをデプロイすることもできます。

Docker互換のコンテナーが含まれています。 FusionとWorkstationProでリリースされます。

vSphere 7がサポートします

現在、新しいバージョンを使用してvSphere 7の環境に連接し、リモート仮想マシン管理を含む色々違う操作を実施します。それで配置設置の変更も実施できます。ワークロードの移動性を提供し、デスクトップとデータセンターの仮想環境間の互換性を提供することもできます。

DirectX 11とOpenGL 4.1

VMware Workstation16はDirect3D 11サポートします。(つまり、DirectX 11またはOpenGL 4.1)のゲームをサポートします。この構成により、現在ゲーマーは、ゲーム体験と3Dアプリケーションのパフォーマンスを最大化するために、3Dアクセラレーション操作に最大8GBのvRAMを使用できるようになりました。

ダークモードのユーザーインターフェイス

今日では、ダークモードがほとんどのアプリケーションの王様のようです。 新しいWorkstationProおよびPlayerユーザーインターフェイスであるVMwareは、新しいダークモードユーザーインターフェイスを追加しました。

サンドボックスグラフィックスレンダリングエンジン

グラフィックレンダリングエンジンに関しては、新しいバージョンのワークステーションは強化されたセキュリティモデルを提供します。 これは、新しいサンドボックスレンダラー(SBR)と呼ばれます。 新しいSBRは、新しい独立したグラフィックエンジンで実行され、権限を減らして実行します。これにより、基盤となるプラットフォームの攻撃対象領域を減らすことができます。

Linuxホスト-Vulkanグラフィックレンダリングエンジン

VMware Workstation 16の新しいレンダリングエンジンは、新しいVulkan APIを利用しており、Intel GPUが統合されている場合でも、仮想マシンにDirectX10.1およびOpenGL3.3を提供できます。 Intel GPUと統合された仮想マシンでさえ、DirectX10.1およびOpenGL3.3を提供できます。

可訪問性を向上させる

VPATセクション508を含む新しいコンプライアンスアクセシビリティ標準は、誰もが仮想化を利用できるようにするために使用されます。

USB 3.1サポートする

USB3.1仮想デバイスのサポートが追加されました。 これにより、完全にサポートされているドライバーを備えた仮想マシンにUSB3.1デバイスを渡す可能性と互換性が開かれます。

試験室のVMware Workstationに適用する

VMware Workstationは、ラボ環境を作成し、新しいテクノロジーをテスト、再生、および学習するための優れたプラットフォームを提供します。 同時に、セキュリティを向上させるためにブラウジングするための「仮想マシンのブラウジング」など、さまざまな目的のためにさまざまなワークステーション環境を用意することも良い方法です。

そして、VMware Workstationで自分のvSphere設立できます。ふさわしい家庭試験室を配置する前に、私はVMware Workstationを使用していくつかの即席の試験室を回転し、旅行中の一つパソコンでもっと永続的なラボを実行しました。

VMware Workstation 16が提供されている新しい機能の最大のメリットは、あなたは最新と一番偉い技術を習えます。vctl cmd行とKubernetes機能の容器は含まれます。

さらに、VMware vSphere 7と相互作用し、VMware vSphere 7とうまく連携できるため、VMware Workstation Pro16からvSphere7環境を管理および構成できます。 クールな機能。

VMware Workstation 16

VMware Workstation 16は、vctl CLIツールを使用したコンテナーの構築、実行、プッシュ、およびプルのサポートを追加し、Workstationをツールチェーンにより簡単に統合できるようにします。 これは、Fusion forMacでもサポートされている機能です。Windows/ Linux環境の場合、この機能はかなり前から存在しているはずです。

DirectX11とOpenGL4.1がサポートされることにも言及する価値があります。 另外值得一提的是,将支持DirectX 11和OpenGL 4.1。 ゲームと3Dアプリケーションのパフォーマンスを最大化するために、オペレーティングシステムの3Dアクセラレーションに最大8GBのメモリを割り当てることができます。 ただし、8 GBのメモリを割り当てるには、仮想マシンに少なくとも16GBのシステムメモリを割り当てる必要があります。

その他の機能には、ダークモードの追加、サンドボックスで保護されたグラフィックレンダリングエンジン、LinuxホストでのVulkanグラフィックAPIのサポート、アクセシビリティの向上、USB3.1仮想デバイスのサポートが含まれます。

VMware Fusion 12

一方、「VMwareFusion12」が提供する「VMwareFusion12Player」は個人使用のみ無料です。 機能的にはFusion11.5の「標準」バージョンと同等であり、有料使用のライセンス価格はWorkstationPlayerのライセンス価格と同じになります。

一方、Fusion 12の有料の「Pro」バージョンは、Windows / Linux(Workstation Proにも適用可能)を含む最大3つのデバイスをサポートします。 これは、MacとWindows / Linuxの両方を使用するユーザーにとって魅力的な変更です。

まとめ

私は毎日VMwareWorkstationを使用していますが、さまざまな理由から、毎日使用しているツールライブラリにそのようなツールがないことは想像できません。 ホストにすべてのツールをロードしていた時代に戻ることは決してありません。

VMware Workstation Pro 16とFusion Pro 12の新しい機能にいくつかの非常に素敵なプロジェクトが含まれます。私はそれがVMware Workstationのツールセットの一部になることを非常に期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です