Office 365のサブスクリプションサービスはMicrosoft 365に変更しました。価格は同じでより多い機能を楽しむことができます。

3月30日の夜、マイクロソフトは自身のソフトに対して、一連の新しい開発を発表しました。多くの更新した内容の中で、一番注目されるコンテンツは相変わらずマイクロソフトの「名前変更部門」によるものです。Office365オフィスキットは、4月下旬に正式にMicrosoft365に名前が変更されました。 この機会を利用して、元のOfficeキットは機能更新の波の到来を告げるだけでなく、いくつかの新しいアプリケーションとサービスも追加されます。

アップグレードされたMicrosoft 365に興味があり、またはOffice 365を既にサブスクリプションした場合、これからどのような新しい変化が来るか一緒に見てみましょう。

Officeの新しい機能

今回更新の中心コンテンツとして、Office一連の伝統の三つセット先ずは今回の「名前の変更」を通じて一連の生産力のアップグレードを取得します。日常の仕事で PowerPoint、Word とExcelに離れない場合、これからマイクロソフトは新しい機能を提供してそれらをより快適にします。
PowerPoint を例として、オフィスワーカーに最もよく使われるツールとして、スライドの作成に加えて、スライドのプレゼンテーションの作成方法も非常に重要です。 将来的には、PowerPointは定量的なツールを使用して、スピーチ中の緊張感を克服するのに役立ちます。プレゼンターコーチと呼ばれるこのAIツールは、リハーサル中にスピーチの速度、表現ロジック、その他の問題を検出し、的を絞った最適化の提案を提供できます。

20210227_

同時に、「デザインコンセプト」という機能は新しいバージョンでより使いやすいになりました。「グラフィックレイアウトの提案を生成する「ワンクリック」に加えて、PowerPointの「デザインコンセプト」機能の新しいバージョンは、ゲッティイメージズから8000以上の画像素材と175のビデオをユーザーに直接提供します。

20210227_-1

Excelの場合、Microsoft 365にアップグレードした後、このツールには一つ財務管理の機能を追加します。Money は、資金の支給状況を追跡や分析、銀行口座とクレジットカード情報との関連付けのサンポート、関連付け後関連付け後のトランザクションとアカウント残高等の情報を自動的に導入します。財務分析を利用して財務管理のアドバイスを提供します。上記の機能とは異なり、この機能は米国のユーザーのみが利用できるように決定されています。

 

20210227_-2

さらに、新しい「セマンティック」データ型のサポートがExcelに追加されます。セマンティックデータ型は、入力されたデータを分析し、正確な型分類を提供できます。スマートテンプレートを使用すると、データの並べ替えプロセスの時間を大幅に短縮できます。効率を向上させます。 この機能は、今後数か月以内に英語サポートの形でMicrosoft365サブスクライバーに提供される最初の機能になります。

最後、Microsoft 365はまたPowerPoint、Excel とWord 三つのキットに対して、サブスクライバーに200個以上の追加高級の テンプレートを提供します。Microsoftは、これらのテンプレートが上記の機能に対応して、さまざまな作業シナリオやタスクのニーズを解決できることを望んでいます。Adobe CCと同様に、Microsoft 365サブスクリプションは、明らかにドキュメントオフィスにワンストップの資料とクリエイティブなソリューションを提供したいと考えています。

Microsoft Editor:MicrosoftのAIライティングエイド

もちろん、Office365はMicrosoft365に拡張されましたが、名前を変更するだけでは不可能です。Microsoft365は、Officeとコラボレーションに重点を置き、元のサブスクリプションサービスを拡張し、MicrosoftEditorなどの一連の新しい生産性ツールをさらに統合しました。

Microsoft 365では、Microsoft EditorがWordおよびOutlookのウェブバージョンにさらに拡張され、他のネットワークコンテンツ作成シナリオでのMicrosoftEdgeブラウザーまたはGoogleChromeブラウザー拡張機能の使用をサポートしています。 サブスクリプションの追加機能として、ユーザーはMicrosoft Editorの高度な文法機能を使用できます。つまり、テキストを書くときに記事の記述ロジックに集中できます。一部の細かいフレーズ表現については、MicrosoftEditorで提供できます。より専門的な提案を提供します。

20210227_-3

実際、この同様の機能は長い間Wordに登場してきましたが、AIベースのライティングアシスタントツールであるMicrosoft Editorはよりスマートで、ライティングシーンを拡張します。 Microsoftによると、Microsoft Editorは初期段階では20種の言語しかサポートしておらず、機能も非常に限られています。より多くの言語の補助書き込み機能が完全にオンラインではないと推測されます。

Family Safety:クロスプラットフォームオールラウンドな家族メンバー管理ツール

アプリケーションの名前は奇妙に文字通りに翻訳されていますが、Family Safetyアプリケーションは、サポートに加えて、「子供がデジタルの世界に夢中になりすぎないようにする方法」に関して、Microsoft365ユーザーを本当に支援したいと考えていることがわかります。未成年者使用のデバイス上の有害なコンテンツを除外するだけではなく、子供たちのさまざまなデバイス間でさまざまなアプリケーションの使用時間を自動的にカウントすることもできます。

20210227_-4

Microsoftエコシステムの下のアカウント同期システムのおかげで、Family Safetyは、更にWindows、Android、Xboxの複数のプラットフォームでの使用時間の表示と管理を同時にサポートします。また、家族がいるときにリアルタイムの場所を共有することもできます。通勤や通勤の方法詳細なデータを送信し、よく行く住所を保存します。家族が退社したり、学校に行ったりすると、携帯電話に自動的にリマインダーがプッシュされます。これらの機能はオフィス向けで、日常の仕事で忙しいが、家族の世話もする必要のある労働者に対して、とても親密であると言えます。
さらに、この機能は、携帯電話のセンサーを介して道路の最高速度と走行距離を記録し、視覚的なデータを生成し、運転履歴統計を生成して、より安全にするためにどのような改善を行うべきかをドライバーに思い出させることもできます。
ただし、現在、この非常に未来的なSF機能は、地域の道路状況やその他の大量のデータが収集されているため、出来た最初は米国、カナダ、オーストラリアの一部でのみ利用できます。 Microsoftは、Family Safetyが4月にダウンロードできる一部のiOSおよびAndroidユーザー向けのプレビューバージョンをリリースすると発表しました。ユーザーはフォームに入力してプレビューバージョンを入手することもできます。MicrosoftEditorと同様に、FamilySafetyは独立した有料サービスではありません。 正式なリリース後、Microsoft 365スイート全体の一部となり、サブスクライバーは無料でダウンロードして使用できるようになります。

Microsoft Teams:チームのツールを使用して、個人のことも管理することができます。

Microsoft Teamsは、世界中で非常に人気のあるオフィスコラボレーションアプリケーションであり、同様のSlackと比較して、Teamsはファイルストレージとビデオ会議でより多くの利点があり、Word、Excel、OneDrive、SkypeをMicrosoftOfficeのファミリーバケット全体に緊密に統合します。

20210227_-5

Microsoftが発表したブログ投稿で、Microsoftはまた、過去2か月で、SkypeとTeamsの1日のアクティブユーザー数が大幅に増加したことを発表しました。その中で、Skypeは前年比で70%増加し、合計ユーザー数は4000人に達しました。Wan、流行のためにSkypeを使用するこの種の一時的なユーザーにうまく対処するために、MicrosoftはSkypeの「MeetNow」機能も以前に導入しました。Skype以外のユーザーがビデオを作成できるようにします。電話/会議を行い、生成された共有リンクを保存して、会議の他の参加者に送信します。ユーザーは、SkypeWebページで直接作成して使用することもできます。 この「すぐに使える」設計により、Skype以外の多くのユーザーは、Skypeのサービスをリアルタイムで使用してビデオ通信のニーズを満たすことができます。
Skypeの更新に加えて、Microsoftは、将来のMicrosoft Teamsオフィスコラボレーションアプリケーションの新しい方向性も発表しました。Teamsを使用して、Microsoft 365ユーザーが日常の雑用をより効率的に完了できるようにします。 具体的には、今回発表された更新後、ユーザーはMicrosoft Teamsを使用して、やることリストを作成したり、家族の共有カレンダーや買い物リストを作成したり、Wi-Fiパスワードなどの重要なアカウント情報を保存したり、更にあなたのコミュニティのベントまたはオフラインブッククラブを主催します。
全体と言うと、マイクロソフトは、Skypeや「MicrosoftTo-Do」などの既存のアプリケーションエコシステムと協力して、オフィス以外のシナリオでチームの使用を拡大し続けることを望んでいます。これにより、作業効率が向上するだけでなく、 「生活効率」を向上させる効率ツールの使用は、オフィスだけでなく、プライベートな生活をより整理することもできます。

20210227_-6

これらの更新されたコンテンツは、今後数か月以内に更新され、Microsoft Teamsの各プラットフォームのアプリケーションに統合され、すべてのTeamsユーザーにプッシュされます。

コンテンツはより多いですが、価格は変わらないです

機能と言えば、Microsoft 365はOffice 365のベースで多数の新しい機能を追加しましたが、以前の Office 365の個人ユーザーと家庭ユーザーにとって、サブスクリプションの価格はほとんど変わらないです。

その中で、Microsoft 365 Personal Editionは以前のOffice365 Personal Editionに対応し、Microsoft 365 Home Editionは以前のOffice365 Home Editionに対応し、どちらも同じOfficeアプリケーションとOneDriveクラウドスペースを含み、Microsoft365はまもなく新しいものを追加しますアプリケーションと機能どちらもこれら2つのサブスクリプションモデルに適用されます。2つの違いは、ファミリーバージョンが最大6人のファミリーメンバーをサポートするのに対し、パーソナルバージョンは1回限りの使用のみであるということです。

20210227_-7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です