Office 2019のインストール方法

Office 2019のインストールが簡単に

20210610_

Microsoft Office 2019が登場し、Office 365の継続的なサブスクリプションを希望しない方のために、今すぐ購入してダウンロードすることができます。Office 2019を一度購入すると、その後は永久に(あるいはその前後に)あなたのものになります。

ここでは、「Office 2019」の購入からダウンロード、インストールまでの手順を具体的に説明するとともに、期待の新機能についても簡単にご紹介します。なお、ダウンロードにはMicrosoftアカウントが必要となります。

Office 2019を購入する理由は?

マイクロソフトは、Office 365を月額で利用したいと考えていますが、単発での支払いを希望する場合は、Office 2019がお勧めです。Word、Excel、PowerPoint、Outlookなどのソフトウェアは同じだが、OneDriveなどのクラウドコラボレーション機能や、年間を通じた継続的な機能アップデートは得られない。

Office 2019では、重要なセキュリティアップデートやバグフィックスが提供されますが、Office 365の加入者が享受している継続的な機能アップグレードは受けられません。また、このスイートは1台のコンピューターにしかインストールできないことも重要です(Office 365では5台まで)。

20210610_-1

Office 2019の新機能

Office 2019には多くの新機能が搭載されていますが、Office 365に加入されている方は、そのほとんどがすでに導入されていることでしょう。気が散らないように読むことができるWordの新しいFocusモード、より優れた翻訳機能と音声合成機能、Outlookのスマートなメールの振り分け機能、そしてPowerPointのクールな新トランジションなどです。

3Dモデルをより簡単に取り込んで操作することができるようになったほか、OneNoteの大幅な見直しを行い、インク・ツー・テキスト(手書きの文字を実際のデジタルワードに変換すること)に対応しました。実際、スタイラスデバイスのサポートも全面的に改善されています。劇的ではありませんが、いくつかの良い点があります。

20210610_-2

Office 2019のダウンロードとインストール

まず、Office 2019のシステム要件を確認してみましょう。4GBのRAM(32ビット版は2GB)、DirectX 9以降、最低でもデュアルコアプロセッサが必要です。システム要件はそれほど難しいものではありませんが、重要なのは、Windows版のOffice 2019にはWindows 10が必要だということです。

Office 2019を使い始めるにはこちらへどうぞ。このソフトウェアは249.99ポンド/249.99ドルで、「カートに入れる」ボタンをクリックしてMicrosoftアカウントにサインインし、ダウンロードを開始する必要があります(Microsoftアカウントをお持ちでない場合は、作成することができます)。チェックアウトと支払い手続きを行い、注文を完了させてください。

ダウンロードの手順が表示されます。マイクロソフトの認証情報でサインインし、「Officeのインストール」、「インストール」の順にクリックすると、www.office.com からいつでもアクセスできます。ダウンロードされたセットアップファイルを開くことを選択すると、残りのセットアッププロセスが案内されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です