2021年に最安値い価格で Microsoft 365/Office 2019を購入する

もしあなたがMicrosoft Officeを探して購入するつもりなら、どのバージョンを選ぶのは難しいかもしれないです。Microsoft Officeのバージョン は多くて、その価格も違います。現在Microsoft Officeの最新バージョンは サブスクリプション のバージョン Microsoft 365(以前の名称は Office 365である)と 一回購入した永続使用のバージョンOffice 2019です。どのバージョンを選ぶ前に、まだ決めることが あります。それはどの場合で Officeを使うことです。基本的にOffice は3つのバージョンがあります。それは個人版、家庭版、企業版と教育版です。対応の価格と機能セットも違います。もし、 あなたが最安値い価格で Microsoft Officeを購入 したい場合、下記の内容は どのように最安値い価格で Microsoft Officeを購入する方法を示します。

20210120_

あなたは直接Microsoft Office公式サイトで購入できますが、公式サイトで購入したら、何の割引もありません。 しかし、頼もしい第三方の 小売店で 最安値い Office製品を購入できます。下記のガイドに、こちらはMicrosoft Office 2019、Microsoft Office 365とOffice 2016 の最安値い購入情報をご提供いたします。

最安値い価格で Office 2019を購入する

永続使用のバージョンOffice2019 、これまでの慣例により 、Microsoftは三年ごとに世代を更新し、 Office 2019の前はOffice 2016、Office 2013と既に更新停止のOffice 2010です。各世代はユーザーに全新の界面と機能を持ってくる。Microsoftはこの方面にかなり沢山の時間と精力をかかって研究しています。新版の Office 2019 に伝統 のDVDメデイアの箱詰め版 が既にありません。 ネットワークの発展に伴い、ほとんどのソフトウェア会社はこのようなDVDメディアの箱詰めソフトを販売しなくなりました。Microsoftのすべての製品はオンラインコードのダウンロードバージョンに変わります。ですから、Microsoftの公式サイトで買っても、第三者の小売店で買っても、カード版とダウンロード版だけあります。

20210120_-1

通常の場合、 Office 2019の最安値い選択は Office Personal 2019 です。 それは家で基本のアプリプログラムを使用する人員にとって、一番理想的な選択です。永続に二台の Windows パソコンで使用できます。 Office Personal 2019永続 使用版 に含めている Officeキットは Word、Excel、Outlookです。マイクロソフトの公式サイトの価格は ¥32,784になります。

その次に安いのは Office Home & Business 2019で 、家庭と会社で使用するのは一番適したバージョンです。あなたは会社で働く時に使用できるし、家で文書を編集することもできます。コンピューターと離れない働く人員に対して、 Office Home & Business 2019は 一番良い選択です。 Office Home & business 2019は Windows PCとMac OS 二台のコンピューター で永続使用することを サポートします。 Office Home & Business 2019 永続使用版に含めている Officeキットは Word、Excel、PowerPoint、Outlookです。最安値い Office Personal 2019と比較して、 PowerPointの一つキット が増えました。 マイクロソフトの公式サイトの価格は ¥38,284です。

Office Personal 2019永続使用版 Office Home & Business 2019永続使用版
Microsoft公式サイトの価格 ¥32,784 2PC ¥38,284 2PC/Mac
アマゾンでの購入価格 ダウンロード版の価格¥29,493 2PC ダウンロード版の価格¥34,4432PC/Mac
楽天での購入価格 カード版の価格35,996円2PC カード版の価格 41,981円2PC/Mac
ヤフーでの購入価格 ダウンロード版26,482円 1PC 14,000円(ダウンロード版)1PC/Mac

25,000円(ダウンロード版)2PC/Mac

それを比較して、 ヤフーの価格はより安いです。私たちはヤフーで買った Office Home & Business 2019製品をテストしました。 買った後 プロダクトキーを マイクロソフトのアカウントと結合する必要があります。それで Office 2019をダウンロードし、インストールします。最後はマイクロソフトのアカウントを登録する限り、オフィスを 認証できます。

Windows版Office 2019

Windows 10が発表された後、マイクロソフトはOffice 2019のため、より多く開発時間 を かかります。新版のOffice 2019 は Windows に運行できる限りです。より低いバージョンのWindowsシステムには対応していないので、Office 2019はWindows 8.1以下の操作システム(Windows 8.1を含む)をサポートしていません。Office 2019を使用するには、最新のWindows 10にアップグレードしなければなりません。

20210120_-2

Windows 10プラットフォームで使用の永続版 Officeには下記のバージョンがあります。

  • Office Personal 2019
  • Office Home & Business 2019
  • Office Professional 2019
  • Office Professional Plus 2019

その中のOffice Professionalは個人と会社に対して組み合わせるソフトバージョンです。常に使用しているWord、Excel、PowerPointとOutlook以外に、PublisherとAccess二つキットがあります。もしAccessを使用したい場合、Office Professionalを買うのが一番お得な選択です。単にAccessを買うともっと沢山の費用がかかります。Office Professional 2019に大量のプロダクトキー があって、500名以上の社員が持っている大型会社に適用しています。

WindowsプラットフォームOffice 2019価格表

Office Personal 2019 Office Home & Business 2019 Office Professional 2019 Office Professional Plus 2019
Microsoft公式サイトの価格 ¥32,784(税込) 2PC ¥38,284(税込) 2PC ¥64,584(税込) 販売終了
アマゾンでの購入価格 ¥29,493(税込) 2PC ¥34,443(税込)2PC ¥59,193(税込) 販売終了
楽天での購入価格 35,996円(税込)2PC 41,981円(税込)2PC 販売終了 販売終了
ヤフーでの購入価格 26,482円(税込)1PC 14,000円(税込)1PC

25,000円(税込)2PC

16800円(税込)1PC 販売終了

以上の価格はすべてダウンロード版です。購入した後は相応なバージョンの Office プロダクトキーを発送します。

Mac版Office 2019

Office 2019はマルチプラットフォームで使用することをサポートします。Mac OS,Office 2019がサポートしているバージョンは2種類だけあります。Office Home & Student 2019 For MacとOffice Home & Business 2019 For Mac。しかし、全てのMac OS版本がOffice 2019をインストールすることをサポートしているわけではない。Office 2019 Macを発表する時、Mac OS 10.13 High Sierra以上のMac OSバージョンだけサポートしていることを言いました。

20210120_-3

Mac用のOffice 2019価格表

Office Home & Student 2019 for Mac Office Home & Business 2019 for Mac
Microsoft公式サイトの価格 ¥26,184 (税込)2PC ¥38,284(税込)2PC
アマゾンでの購入価格 ¥23,553 (税込)2PC ¥34,443(税込)2PC
楽天での購入価格 35,980円(税込)2PC 41,981円(税込)2PC
ヤフーの購入価格 14,800円(税込) 14,000円(税込)1PC

25,000円(税込)2PC

以上の価格はすべてダウンロード版です。購入した後は相応なバージョンの Office プロダクトキーを発送します。

 

Office Home & StudentはMacの中に最安値いOfficeバージョンです。Word、Excel、PowerPointという三つのキットが含めています。同じ2台Macをインストールすることをサポートします。登録した後、OneDriveと隙間がなくリンクして、どのデバイスでも簡単に最近使用されて保存されているドキュメントにアクセスできます。

最安値い価格でMicrosoft 365を購入する

Microsoft 365サブスクリプション 版、名称を変更前には Office 365と言われます。マイクロソフトの主なオフィスソフトです。現在は Microsoft 365の サブスクリプションサービスをユーザーに広く普及しています。その価格は毎年の サブスクリプションによって料金を取って、バージョンも異なります。サブスクリプションの費用も違います。Microsoft 365の利点は、Microsoft Officeのセットの最新バージョンを全部使えます。例えば、Microsoftは次のOfficeバージョンをリリースする時(Microsoftは3年ごとに新しいOfficeバージョンを発行します。今の最新バージョンはOffice2019です。次のOfficeバージョンはOffice 2021かもしれません。ユーザーはもう数万円を使って再び買う必要はないです。そのままOffice 2021にアップグレードすることができます。また、OneDriveには1 TBのクラウド格納空間があります。Microsoft 365は、Windows PC、Mac OSまたはモバイルデバイス、タブレットコンピュータ、スマートフォンのマルチプラットフォームとして使用できます。

20210120_-4

Microsoft 365 価格表

Microsoft公式サイトの価格 アマゾンでの購入価格 楽天での購入価格 ヤフーでの購入価格
Microsoft 365 Personal ¥12,984/年 ¥11,581/ 1年版 18,980円/ 1年版 20,167円/ 1年版
Microsoft 365 Business Basic ¥540ユーザー/月相当(年間契約) 販売終了 販売終了 販売終了
Microsoft 365 Business Standard ¥1,360ユーザー/月相当(年間契約) ¥16,146/ 1年版 23,980円/ 1年版 販売終了
Microsoft 365 Business Premium ¥2,180ユーザー/月相当(年間契約) 販売終了 23,980円/ 1年版 17,990円/ 1年版
Microsoft 365 Apps ¥900ユーザー/月相当(年間契約) 販売終了 販売終了 販売終了

以上の価格はすべてダウンロード版です。購入した後は相応なバージョンの Office プロダクトキーを発送します。

 

Office 2019とMicrosoft 365を比べて、どれを買うべきでしょうか

すべてのOfficeアプリケーションにアクセスし、マルチプラットフォームでのデバイス収益を期待する人には、Microsoft 365が最適です。このプログラムを取得した後、最大6人とサブスクリプション内容を共有することができます。Microsoft 365は、唯一のより低いコストで安全性とメンテナンスの更新と連続性アップグレードを提供する製品である。ただし、Microsoft 365を選んだら、毎月または毎年の費用はいつでもサブスクリプションを停止できます。

もし一台のパソコンで Officeアプリケーション を使うだけなら、あなたが必要のものはOffice 2019 かもしれません。Office 2019 に学校或は仕事中に使用する必要がある工具が含めています。(Word,Excel,PowerPointとOutlook) 注意するなのは、Office 2019を購入する前期は高い費用を支払います。そして、Office を更新した後、別の費用を払って購入する必要があります。

最安値い価格でOffice 2016 を購入する

最安値い価格で最高のOfficeのセットを買いたいなら、Office 2016を買うことができます。今の市場上の大多数はMicrosoft 365とOffice 2019ですが、あなたは新しい機能の必要がないので、簡単な文書を処理できるなら、Office 2016はあなたの日常使用を完全に満足します。価格はOffice 2019より低く、Office 2016はOffice 2019のバージョンと同じです。Windows PCとMac OSも同じサポートします。前に言ったマイクロソフトは、Microsoft 365と新版のOffice 2019を全力で宣伝します。ですから、Microsoftの公式はすでにOffice 2016を中止にして、もう販売しません。Office 2016を買いたいなら、第三者の小売商店を通じて購入できます。

20210120_-5

アマゾンでの購入価格 楽天での購入価格 ヤフーでの購入価格
Office Personal 2016永続版 販売終了 18,800円 18,700円
Office Home & Business 2016永続版 販売終了 21,000円 26,787円
Office Professional 2016永続版 販売終了 販売終了 9,800円
Office Professional Plus 2016永続版 販売終了 販売終了 9,800円

以上の価格はすべてダウンロード版です。購入した後は相応なバージョンの Office プロダクトキーを発送します。

 

最終的には、Officeのアプリケーションとサービスをどのように使うかによって決まります。Officeを長く使うなら、後でMicrosoft 365を買ってサブスクリプションするのが一番良い選択かもしれません。低い価格ですべてのアプリケーションの完全なアクセス権限を持つことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です