マイクロソフトの暗示:オフィス2021の永久授権のバージョンはまだある

次の永久のバージョンオフィスは2021年に登場されると外国のメデイア コンピューターワールドが報道しました。

事実が立証されました。マイクロソフトが流行しているソフトキットの最後の1個永久授権のバージョンはオフィス2019ではありません。 マイクロソフトは来年の下半期に後任者を発表するつもりです。 マイクロソフトが今週の年度Ignite 2020会議でマイクロソフトは少なくとももう一つオフィスキットを創ると話しました。 T

20210209_-4

マイクロソフト会社が火曜日に会社のブログに投稿しました。次の永久授権のオフィスは2021年の下半期に発表されます。Windows とmacOS システムに適用する。

マイクロソフトオフィスの永久バージョンというのは先払いの方法で1回購入する。 通常は大量で授権の取引の一部になる。毎月に購読費を払ってレントするではありません。ユーザーがリスクを負える限り、永久に払えるなら当該キットを運行する権利を提供できる。もっと、マイクロソフトが安全更新した後も使用できる。 それは1本パソコンあるいはMacにインストールできる。そのため、その設備とリンクし、マイクロソフトのアカウントとリンクするではありません。

オフィスが継続的に永久授権の形式で販売する宣言には驚きません。2年前、 マイクロソフトがオフィス2019を発表する時、マーケティング管理者Jared Spataro が後続のバージョンを販売することを承諾しました。“私たちは未来にもう一つ前付けバージョンを創ることを努力します。”

しかし、Spataro は発表時間表を説明してなかったんです。

オフィス2019昨日マイクロソフトと一緒、しかし、もっとたくさんあります。

会社は六ヶ月範囲以内の発表ウインドウを定義した以外、オフィス2019年の後続の製品は一言も言ってなかった。

“私たちは後で全てのこの製品の正式名称、定価と可用性に関わるもっとたくさん詳細をシェアーします”

しかし、過去のマイクロソフトの実践からは、いくつかの特徴が推測されます。

長い間、Officeのリズミカルなリリースは3年に1回、2021年下半期のリリースはこのペースを維持します。そのため、マイクロソフトは将来のキットをほぼ確実にOffice 2021と命名します。

マイクロソフトはOffice 2019のサポート期間を短縮しました。発売前にお客様にも、このキットは伝統的な10年ではなく、7年の更新を受けると言われました。Office 2021は7年以上のサポートサイクルがあるとは期待しないでください。

Office 2021年にリリースされ、2023年10月までOffice 2016とOffice 2019のサポートが終了します。これはお客様が約24ヶ月間、これらの古いバンドルバージョンからアップグレードされることを意味します。

マイクロソフトの初期段階では、Office 2021を「けなす」ことは避けられない。定期的なライセンスと購読されているOffice 365を比較して、Office 2019を貶めるように。

Microsoft 365(Office 365)は、Office 2021を含む恒久的なライセンスの形ではなく、マイクロソフトによって推奨され続けます。これはOffice 2022の魅力をより小さくし、サポートやサービスへのアクセスをさらに制限するかもしれないと考えられる。ある時、マイクロソフトは永久授権の形式を放棄しますが、まだ放棄の具体的な時間は決まっていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です