CorelDRAW Graphics Suite 2020評価:より速い、より多いAIとより多い協力があります

メリット:

強大な 画像編集とイラストソフト
MLの追跡、写真の増強と芸術の効果工具に基づいて
非破壊性ビットマップレンズ
業績を改善する
新しい合作機能

デメリット:

協力する機能は完善する必要があります

新しいバージョンCorelDRAW Graphics Suite 2020

CorelDRAW Graphics Suite 2020 for Macダウンロード版

CorelDRAW Graphics Suite 2020 for Windowsダウンロード版

年度替わりになってから、CorelDRAW の各バージョンに一つや二つ強大な機能があります。2020年のバージョンに、毎年¥39,740をかかって、或いは一回買って ¥79,560かかります。その中に器械を使って勉強するといくつの機能を改善することが含めています。でもそれは自動的に設計を提供しようとするではなく、デザイナーにより効率的に 設計されています。

専門家のユーザーはPowerTRACEからビットマップをベクトルイラスト変更することができますが、通常に多くの煩雑な掃除作業があります。現在この工具は器械学習によって駆動されています。(CorelDRAW内部の一つの機能に昇進しました。単に一つのアプリケーションではありません。)それは少し時間をかかって完成するかもしれませんが、自分は何の絵も作らなくても、正確で多くの細部の痕跡をもらえます。

20210130_

もし低解像度の画像しかないなら、それを高解像度のポスターに使いたいですが、それはぼやけてみえるか、或いはギザギザのようなエッジがあります。PHOTO-PAINTのマシン 学習 によって駆動したのサンプリングツールはマシン学習を使って、新しい撮影写実とイラストモードを実現します。存在 しない 詳細を追加 することはできませんが、画像が使え ないとデザインに組み込む ことが区別できます。ビットマップ或いは追跡ビットマップの一部 として、JPEGのアーチファクトを効果的に除去することもできます。

20210130_-1

*PHOTO-PAINTで原始の画像に対して、再サンプリングします。(右図の通り)それは欠落した詳細は追加されませんが、低解像度の画像を消去されますので、まだ使えます。

消費者向けのアプリには、写真をヴァンゴッホの絵画やコミックアートのように見せるための効果が既にありますが 、そのアプリはプロのデザイナーが必要な制御を行うことはできません。たとえば、画像の一部にのみ効果を適用するなど、ウインドウを通して表示するとか、ベクター画像や写真に使用します。 新しいアーティスティックスタイル効果では、機械学習を使用して、ポスト印象派、木版画、その他のスタイルを画像(ビットマップまたはベクトル)に適用します。その後、引き続き使用できます。

20210130_-2

*PHOTO-PAINTでビットマップとベクトル対象に対しておしゃれなML-powered芸術効果を使用できます。

それを新しい非破壊ビットマップレンズと非常に有効的に組み合わせることができます。これにより、画像の範囲を選択してビットマップとして扱うことで効果を追加し、ビットマップをその効果に適用できます。 これは、写真の範囲を強調表示して芸術的な効果を適用できることを意味します。後で画像の別の範囲に効果を適用することにした場合は、レンズを移動またはサイズ変更できます。

PHOTO-PAINTはまた機械学習を使用して スマート選択マスク描いた輪郭を改善します。選択したい対象の内部を描画するように確保します。髪の毛や羽など難しいエッジでも、ピクセルに近い完璧な選択区を得ることができます。対象の外部を描くことには、非常に混乱的な選択区をもらえます。清掃することが難しいです。そのため、あなたが描画した模型は間違っています。

20210130_-3

*新しいML-poweredのスマート選択工具は、マウスで非常に粗い選択線 (上図)から複雑なエッジのほぼ完璧なマスクを作りました。しかし、もし選択した対象以外に描画したい場合、MLによって駆動される選択工具が混乱し、線がマスクの一部になります。(上図)

より多い PHOTO-PAINTの効果を見て(现在はEffects dockerとして便利に分類されました)非破壊性になり、それを画像に適用できます。最終的なデザインと相応しない場合、後で削除できます。

 

修正とフォント

CorelDRAWはよくデスクトップパブリッシングソフトウェアパッケージとして使用されます。同時に、イラストとしても使用されます。特に、パンフレット、広告、さらには車やバスのパッケージなどのエキゾチックな出力を作成するために使用されます。 したがって、段落テキストでマルチレベルの箇条書きと番号付きリストがサポートされているのを見るのは素晴らしいことです。 また、Windows 10でOpenType可変フォントを使用する場合は、スライダーを使用して使用可能なすべての設定をインタラクティブに調整し、結果をデザインで直接確認できます。

20210130_-4

*可変フォントのオプションを変更します。ファイルにそれほど多くのフォントファイルを含める必要がないかもしれません。

可変フォントはまだ比較的新しいものであり、最も直接的な使用法は、フォントの幅を拡大するか、デザインのスペースに合うようにフォントの太さを調整することです。 ただし、1つのフォントファイルを使用して、重みとスタイルが異なる複数のフォントの外観を取得することもできます。これにより、ファイルサイズを大幅に削減できます。

さらに、いくつかのマイナーな修正と改善があります。 別の新しいシャドウツールオプションでは、対象内部のシャドウを適用して、紙のカットのような3D効果を簡単に表現できます。 新しいウィングエッジブラーエフェクトは、ベクター対象のエッジを柔らかくして、均一またはグラデーションの透明度にするさまざまな方法を提供します。

検索と置換の工具はより包括的です。色からカラーモデルまで何でも置き換えることができます(したがって、ポスターやバナーの出力からWebアセットの作成に切り替える必要がある場合は、CMYKからRGBにはやく変換できます)。ドキュメント全体のフォントを検索と置換ができるようになりました。 設計プロセスの後半期で変更を加え、処理する対象がたくさんある場合、この方法で変更すると非常に時間を節約できます。

20210130_-5

*包括的な検索および置換オプションにより、設計全体に変更を簡単に適用できます。

私たちが非常に気に入っている小さな機能があります。ザイナーが各バージョンの新機能を利用するのに役立つ:ヘルプメニューで、メニュー、ペイン、およびダイアログボックスの新しいオプションの強調表示をオンにできます。

もしファイルをPDFにエクスポートする場合、それはデザインの承諾を取得すること(またはポートフォリオを作成し新しい顧客に表示する)には非常によく見えることです。現在主なデザイン以外のページのエッジを自動的にトリミングして、ファイルのサイズを減らせます。設計者は常に空白のところで違うバージョンの設計元素を配置します。それで便利で比較しまたは主なイラストに変換できます。以前はそれを必ず削除しページのサイズを変更します。それは通常にPDFを作成する前に一つコピーを保存してからクリーンアップするという意味です。

しかし、このバージョンのCorelDRAWはPDFよりオプションが増えています。簡単に設計をシェアできます。

 

クロスプラットフォームの協力

Corel会社は今回発表したmacOSバージョンのアプリでより多い作業しました。新しい機能以外に、ダークモードとmacOS Catalina Sidecarもサポートしているため、iPadをセカンドディスプレイとして使用できます。さらに、Macのタッ​​チバーはレイアウトやテキストコントロールにも使用できます。 さらに、特にGPUアクセラレーション機能の使用により、パフォーマンスが大幅に向上します。 また、大きなファイルのパンとズームの一般的な加速にも気づきました。

Windowsにはさらに多くのGPU最適化があり、アプリケーションがより速く開くことに気づきました。 パフォーマンスの向上は特に喜びます。CorelDRAWはWindows10(特にタッチとペンの使用)用に最適化されているとCorel会社は述べていますが、それでもWindows 7および8と互換性があります。 多くの場合、小規模な商用デザインショップはまだ古いシステムで実行されており、すべてがWindows10に移行する準備ができているわけではありません。

CorelDRAWスイートには32ビットバージョンもあるため、Surface ProXなどのArmデバイス上のWindowsにインストールできます。 大きくて複雑なベクターファイルのオープン時間は、Core i7 Surface Bookの場合よりも長く、一部のPHOTO-PAINTツール(スマートセレクションマスクなど)の遅延により、使用が困難になっています。 つまり、第1世代のCore i7 Surface Bookでも、ツールには多くの遅延があり、対称性やガウスぼかしなどのツールは障害物なしで高速に実行されます。

昨年からより多くの機能を獲得したWebアプリケーションCorelDRAW.appもあります。 ベジエポイントを使用してブラウザアプリケーションでペイントできます。これは確かに印象的ですが、ポイントは新しいコラボレーションとレビューのワークフローの一部になることです。

20210130_-6

*在CorelDRAWデスクトップアプリケーションにコメントを追加します。Webアプリケーションに招待したユーザーは、独自のCorelDRAWアプリケーション認証を必要とせずに、これらのコメントを表示して返信できます。

顧客または顧客にファイルを表示する準備ができたら、設計者が回答する必要のある特定の質問がある場合は、CorelDRAWのコメントで注釈を付け、Office365またはGSuiteアカウントを使用してCorelCloudに送信できます。そして設計を確認または承認する必要がある人と共有する。このアイディアはスクリーンショットを送信する必要はなく、全員がシステムにCorelDRAWを持っている、またはCorelDRAW認証を持っていると期待する必要はありません。代わりに、CorelDRAW.appで開いて、質問に回答することができます。マークのデザインに独自のコメントを使用し、見たい変更を丸で囲み、後で戻って完成したバージョンを確認します。

設計者は正しいフォントとテキストサイズでテキストボックスを配置することもでき、同僚はそこで見たいテキストを入力できる必要があります。これにより、テキストが適切かどうか、どのように表示されるかがわかります。 これは、広告文書から、経営幹部や財務アナリストが記入する専門家の指導まで、財務レポートのグラフの横に配置できるものであれば何でもかまいません。

理論的には、これは大量の時間を節約して、設計レビューサイクルごとに、大きなファイルをメールでやり取りすることを節約します。これにより、特にアプリがスマートフォンで動作し、PWAとしてインストールできます。しかし実際には、すべてのネットワークアプリケーション機能を使用できるCorelDRAWライセンスを誰もが持っている場合にのみ、スムーズに機能することがわかりました。 そうでなければ、それはすぐに混乱でイライラするでしょう。

はい、ユーザーが取得するアクセスのレベルを選択できます。 閲覧者はデザインを表示して透かし入りのPDFとして保存できます。レビュー担当者はコメントを残してコメントを追加できます(コメントの内容をより明確に説明するため)。変更を加えたら、デザインのステータスを「承認のリクエスト」に切り替えます。承認者は署名できます。 基になる画像を変更することはできません。Webアプリケーションのデザインに追加したものを元の作品に戻したい場合は、PNG、JPG、またはSVGとしてエクスポートできます。 便利なことに、招待した人がコメントを残したり、デザインにマークを付けたりすると、メール通知が届きます。コメントに返信すると、その人にも通知が届きます。 これはすべて、電子メールで6つの異なるコメントと注釈のセットを取得するよりもはるかに簡単です。

20210130_-7

*CorelDRAW Webアプリケーションからデザインを共有すると、対応する役割を割り当てることができます

ただし、Corelアカウントを持っておらず、正しいサブスクリプションを持っている人にリンクを送信する場合は、ゲストとしてログインする必要があります(ログインインターフェイスは明確に記載されていません)。これにより、メールアドレスを再度入力できます、次にリンクを送信します。有効期間は1時間で、クリックできるのは1回のみであり、プレースホルダーにテキストを入力することはできません。 Corelは、ゲストユーザーには写真のみが表示され、コメントは一つバグを修復します。表示されないというバグを修正しようとしています。つまり、デザイナーはレビュー権限を2回設定する必要があります。 見つかった別の問題が解決されることを願っています。現在の認定ライセンスがない限り、過去にCorelアカウントを使用したメールボックスでゲストとしてログインすることはできません。

将来のバージョンでは、誰かにリンク付きの電子メールを送信してから、別のリンク付きの電子メールを送信するというばかげた面倒なプロセスも解決される可能性があります。適切なライセンスを持っている可能性が低いためです。

エンタープライズライセンスを持っている場合、またはサインがソフトウェアも使用するデザインマネージャーからのものである場合(ただし、どのコンピューターから離れていても、CorelDRAWで直接デザインを開くことができます)、エンタープライズ内でのデザイン承認には依然として非常に役立ちます。 ただし、これは実現できたシームレスなコラボレーションではありません。このクラウドコラボレーションはこのバージョンの主な機能の1つであるため、Corelによってゲストが完全な機能にアクセスし、より使いやすくなることを願っています。

実際、Corelは、CorelDRAW Graphics Suite 2019または2020ライセンスを持っている人なら誰でも、COVID-19応答の一部として通常のサブスクリプションなしで、5月末までにCorelDRAW.appを使用できるようにするのに十分役立つと考えています。リモート作業を簡単にします。

まとめ

ネットワークコラボレーションプロセスは、慣らし期間中に問題が発生します。より流動的になり、設計者との干渉を減らす必要があります。設計者は彼らから意見やコメントをもらいたいと考えていますが、大きな可能性を秘めています。 今年の他の改善により、フラストレーションの一部が取り除かれ、創造性が追加され、CorelDRAWが画像編集とイラストの強力な選択肢になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です